アニメのおすすめなどを語るブログ

アニメの感想記事を中心に書いています!今期は「がっこうぐらし!」と「Charlotte」が主力。基本的にどの記事もコメント大歓迎です!

ゲームWHITE ALBUM2がおもしろい!【ネタバレなし感想】

 

みなさん、こんばんは。

さて、最近PS VitaにてWHITE ALBUM2 幸せの向こう側というゲームをやっているんですが…

これがかなりおもしろいです!

と、いうわけで本日はこのゲームの紹介をしていこうと思います。

この感想は大雑把なもので、ネタバレはほぼ無しで進んでいくので、ご安心ください。

 

どんなゲーム?

原作はleafさんの18禁PCゲームになっています。

それのコンシューマー版(全年齢対象にしたもの)がPS3Vitaから発売されています。

シナリオライター丸戸史明さん。ここ最近で言うと、「冴えない彼女の育て方」の原作ライトノベルの作者の方ですね。

「2」と書いてある通り、どうやら無印のWHITE ALBUMが存在するらしいです。ですが、この無印版はプレイしていなくても何の問題もありませんでした。全く問題なく楽しむことができます。

このゲームはintroductory chapter(序章、以下ICと表記)とclosing chapter(終章、以下CCと表記)の2部作に分かれています。PS3版、Vita版はこれらがセットになって1つのソフトになっているので、特に問題はありませんが…。

ちなみに、2013年にICがアニメ化されています。

どんなストーリー?

リアリティ満載のドロドロ恋愛ゲームというのが正確な表記だと思います。

リアリティ満載、というのがポイントです。だからこそ、えぐられます。

このゲームをプレイする前、Amazonさんのレビューを読んだんですが、多くの人が「胃が痛くなるゲーム」と書いていました。

「ゲームで胃が痛くなるなんて、そんなことあるわけないやろ~」と臨んだプレイ。…見事に僕の胃はやられました(笑)

これだけだと、何のこっちゃだと思うので、もう少しだけ(決してネタバレにならない程度に)紹介を続けようと思います。

ICにおける主な登場人物は3人です。

北原春希…主人公。成績トップの優等生で、お節介と理論武装が得意(?)。

小木曽雪菜…ヒロイン①。ミスコンテストに2年連続で優勝する美貌の持ち主。その美貌を持ち合わせながら、おしとやかで男子からの人気は極めて高い。

冬馬かずさ…ヒロイン②。遅刻は当たり前のいわゆる「不良」。抜群のスタイルと黒髪ロングが特徴。クラスでは浮いている存在。

ICではこの3人が中心となって、「軽音楽同好会」なるものを結成し、学園祭のライブに出演することになります。

そして、公式サイトのストーリーにはこう書いてあります。

(中略)…始まりはそんな晩秋。そのとき、誰かが誰かに恋をした。誰もが、一生懸命だった。誰もが強い気持ちで突き進んだ。誰もが、ひたむきに、まっすぐに、正直にー。心の底で結ばれ、かけがいのない時間を手に入れた。だからそのとき誰かが誰かに恋をしてしまった。一足遅れのしてはいけない恋を

もう展開は読める…そう思いますよね??

ですが、一筋縄でいかないのがこのゲームです。面白さは保証するので、ぜひプレイしてみてください!

ゲームはどういう風に進んでいく?

恋愛趣味レーションゲームにはあるまじきシステムですが、なんとICには選択肢たるものが1つも存在しません。必ず1本道で、決まった結果にたどり着くことになります。

そして、このICは「ある条件」を満たすごとに追加エピソードが追加されていき、3周プレイすることになります

この追加エピソードが傑作です。2周目をプレイしたとき、僕は完全にこのゲームの虜になってしまいました(笑)

また、PS3版、Vita版にはさまざまな特典も内蔵されています。

・デジタルノベル

→作中で語られなかった、もしくは作中のとある場面を別の登場人物の視点から見た物語を5種類読むことができます。IC1周目をクリアすると解放。このノベルの「歌を忘れた偶像(アイドル)」が最高です。

・ボイスドラマ

→ドラマCD的なものです。デジタルノベルの音声版のようなものです。とある条件をクリアしていくごとに、解放されていきます。このボイスドラマの「祭りの前~ふたりの二十四時間~」が最高です。

続いて、ICが終わるとCCも解放されます。このCCについては選択肢有のゲームになっていて、さらにヒロインが3人追加されます。

杉浦小春…春希の3つ下の女の子。友人も多い「優等生」。「とあるいざこざ」をきっかけに春希と関わりを持つことになり…?

風岡麻理…春希の??上の女性。(検閲により消されました)バイト先の雑誌編集部に勤めている上司。自分にも他人にも徹底的に厳しい。

和泉千晶…春希と同じゼミの同年代の女の子。「怠惰大学生」という言葉がぴったり。暇を見つけては春希にご飯をねだる。

ちなみに僕はまだこのCCをクリアしきっていません。CCでクリアしたのは「小春ルート」「麻理さんルート」「千晶(ノーマル)ルート」のみです。

すべてのルートをクリアし切ると、特別モードが出て来るらしいので楽しみです。

ちなみに、唯一の欠点(?)はプレイ時間が極めて長くなることです。ボイススキップしないとIC1周に10時間以上かかりました

CCも共通ルート→個別ルートと分岐するんですが、共通ルートだけで文章を加味し得ながらボイスもすべて聞くと4~5時間はかかります。

なので、もしプレイするとしたら長く休みを取れる期間をおすすめします(笑)

まとめ(という名の締めの言葉)

いかがだったでしょうか。正直、このゲームの面白さの1/100も伝えられていないと思います…。

ICの1周目、2周目、CC各ルートいずれも辛いストーリーのオンパレードでした。ここまで登場人物をいじめることに何の意味があるっていうんだ!!

僕もまだ完全にクリアした身ではないので楽しんでいこうと思います。アニメの感想を書かない日を使って1つずつルートの感想を書いて、記事にしていくかもしれません。

今日は俺ガイル6話の放送日ですね。楽しみです。

それでは、この辺で失礼いたします。