アニメのおすすめなどを語るブログ

アニメの感想記事を中心に書いています!今期は「がっこうぐらし!」と「Charlotte」が主力。基本的にどの記事もコメント大歓迎です!

【ゆゆゆ】「結城友奈は勇者である」に思うこと【2期は?】

みなさん、こんにちは。

今回は「結城友奈は勇者である」について個人的に思うことをつらつらと書いていこうかなーと考えております。

さて、昨日(ようやくですが…)2014年秋に放送されたアニメ「結城友奈は勇者である」のBD6巻が届きました!

これでようやく全巻揃いましたよー。

結城友奈は勇者である 6巻

円盤マラソンで完走したのははじめてです。

近々暇が出来たら一人上映会的なものを開きたいと思いますw

 

BD版とアニメの違いは?

よくアニメではBD版で何らかの修正を施されることも多いのですが、このアニメについては基本的にないといっていいでしょう。

細かな作画の修正についてはまとめを作っていらっしゃる方がいるので、そちらを見ていただければいいなと思います。

ただ、園子が出てくる回で、園子の足がしっかり描かれていたのは少し驚きです。11話の夏凛のことを思うと、TV同様足はないままで(というか夏凛の足は「無くなり」ましたよね?)いいんじゃないかなと思いました。

あ、でも東郷さんは足自体はあるから…うーん。

一番の違いはやはり「画質の美しさ」ですね。さすが、BD版。普段ニコニコを使って見ていた僕にとってはかなりの差があるように感じます。

BD版一押しの特典は?

どの特典もファンにとっては嬉しいものですが、個人的には「ブックレット」と3巻についてきた「百花繚乱」というイラスト集が特に最高です。

ブックレットは様々な情報が載っていてアニメの裏側を知れますね。例えば、友奈の本当の性格が記されていたりとか、アニメ中に男子キャラが出てこない理由が書いてあったりとか…。本編+ブックレット+鷲尾須美は勇者であるの3点セットで真に「ゆゆゆを見た」と言える状態になると思っています。

「百花繚乱」についてはとにかく美しいです。何度読んでも飽きません。キャラの原案を見たりするのは、どのアニメでも好きなんですが、それについて1冊の本にまとまっているというのは嬉しい限りですね。

あとはもちろん、特典ゲームも良かったです。Vitaの「樹海の記憶」に比べると際どいシーンが多い気もしますが…w

まだ6巻の特典ゲームは一切やっていないのでこれから楽しんでいこうと思います。

…樹海の記憶早く全クリしないと…。

「ゆゆゆ」の今後に思うこと

僕の中では2014年アニメの中でダントツに最高だった作品。

予想外に(これはスタッフに失礼w)売れたということもあり、ネット上では「2期」を切望する声も少なくありません。

ですが、僕個人としては2期についてはどっちでもいいかなと言う感じです。

「結城友奈は勇者である」という作品はあの12話+αですでに完結している作品です。

うまく言葉で表すのは難しいんですが、その完結した作品に「横槍」を入れる形で無理に2期を作るぐらいなら無い方がいいです。「思い出はきれいなままに」という感じでしょうか。

もちろん、1期を上回るような作品になるのであれば、当然2期が放送されても最後まで応援し続けようとは思っています。そこは勘違いなさらぬようお願いします。

実際皆さんはどう思っているんでしょうかね?何か思うことがある方は、どんどんコメントに書いていただきたいなと思います。

もし2期があるとしたら…?

最後は個人的な「もし2期があるとしたら」のストーリー予測です(笑)

最終話で出た「結城友奈の章」には2つの解釈ができると思います。

①1~12話が「結城友奈の章」だった

→こう考えると、2期はまったく別の勇者部が主人公であることが想定されます。ピンチになったときに、友奈が助けに来る展開もありそう。

②2期が「結城友奈の章」(つまり最後のテロップは「これから2期が入るよ!」の意)

→こうなると現状の勇者部+園子のストーリーになっていきそうですね。ただ、一度勇者を降りた勇者部(友奈除く)がどう復帰するのかをうまく書く必要がありそうです。

そして変わる「満開」のシステム。また、胃が痛くなる日々が続きそうですね。

…こんなことを考えている時点で僕も「まだゆゆゆが見たい」と考えている1人なのかもしれません(笑)

ちなみに、僕はアニメ放映時園子が悪玉だと思っていました。勇者部から供物を巻き上げて自分が復活をしようとしているんだ、と。それで、最終回は東郷さんが園子を倒す最悪のエンドを想定していました(笑)

乃木園子には謝るしかないですね…。

 

そういえばラジオは今日で最終回でしたっけ?聞かなければ。

ゆゆゆカフェも行きたかったですが、それは地方民の宿命だから仕方がないですね。

早く特典ゲームがやりたいです笑

それでは、今日はこの辺で失礼いたします。