アニメのおすすめなどを語るブログ

アニメの感想記事を中心に書いています!今期は「がっこうぐらし!」と「Charlotte」が主力。基本的にどの記事もコメント大歓迎です!

コメット・ルシファー10話感想&考察!ガスの動きと”四角関係”が楽しみ!

コメット・ルシファー 10話 感想

第10話「深淵の祭壇」

んんんんん…。まさかの黒モウラ?出現で、残り話数でフェリアを助けに行く展開になりそうです。割と謎は積み重なって残っている気がしますが、しっかり解決されるのでしょうか。

というわけで「コメット・ルシファー」第10話「深淵の祭壇」の感想と考察を書いていこうと思います。10話までのネタバレがあるので未視聴の方はご注意ください。

10話のあらすじ振り返り

「深淵の祭壇」に向かう一同。祭壇に向かう道には「光る石」が多数浮かんでいます。ソウゴがフェリアに触れると、フェリアは胸が熱くなる、とカオンに言います。とうとう恋心が芽生えてきたようです。

深淵の祭壇 フェリア

一方、ヴィーは墓の前に倒れているドモンを発見し、ガスに報告します(というかガス無事だったんかいw)。ガスは戦友の死に対し、叫びます。

ヴィー ガス大尉

深淵の祭壇に到着したソウゴ達ですが、赤い石の遺跡にフェリアが取り込まれてしまい、ソウゴの手が光ります。遺跡から出てきたのは黒い色のモウラロボでした。フェリアをさらって逃走する黒モウラに、ソウゴはモウラで勝負を挑みますが圧倒的な戦力差の前にフェリアが連れ去られてしまいます。

祭壇 コメット・ルシファー 戦闘シーン

戦闘後、ヴィーからドモンの死を聞き、さらに絶望するソウゴ。そんなソウゴにカオンは「私の幼馴染は必死に頑張って、そんなところが好きだったから、そんなソウゴの姿は見たくない!」と告げます。この言葉に自分を取り戻したソウゴは、再びモウラの力を借りてフェリアを奪還しに向かいます。

ロマンとソウゴ カオン

以上です。

10話で上がった疑問点・感想・考察点

ドモンを巡って行政府は分裂か

ここにきてやや展開が変わってきました。正確に書けば前回からなのですが、ガスの興味の向き方に変化が見られています。

元々は”狂戦士”として「モウラを倒す」ことのみに重きが置かれていたガスですが、ドモンに再会してから彼の関心は完全にドモンに向かっていました

前回の9話でも彼はソウゴに対して

「今はお前じゃない。ドモンはどこだ!」

のようなセリフを言っていましたし…。

 

ドモンに興味があったのはガスだけではなく、ヴィーも同様です(彼女の場合は恋心という言葉の方が正確だと思いますが)。そのヴィーもドモンの死を目の当たりにしてしまいました。

今後ありえそうな展開としては、このドモンの死をめぐってガス&ヴィーが寝返って、行政府のトップであるゾーンボイルに刃向うんじゃないのかなぁ…というのが1つです。ドモンを手に賭けたのは彼の秘書である女性ですからね。

ソウゴ達が大ピンチになったときにガスが好きに来たりしてくれないかな?

とひそかに期待しています。

 

まあロリ=マドモアゼル=コンさんは救いようがありませんけど…。

何かもう一つ、ドモンの死をきっかけにストーリーが動いてほしいところです。フェリアの不思議な力でドモン復活!とかでも構いませんが(笑)

未だわからない敵の真の目的

残り話数がかなり少なくなってきましたが、いまだに敵の目的が分からない状態が続いています。

コメット・ルシファー 10話 考察

今回もポエマーじいさんが

「ようやくかの力が目覚めるときが来た。幾ほどこの時を待ち焦がれただろうか。あとは我が元に誘われるのを待つのみ。リマ!」

と言っていましたが…。

 

彼は「ギフトの更なる繁栄のために」と巨大な力を持つフェリアを欲しているようですが、真相はまだ分かりません。そして、よく聞こえなかったんですが10話で彼は「神に死を」と言っているように聞こえます(前半の”神に”の部分が聞き取れない…)。

ただ、その目的がしっかりと明かされることなくこのままアニメが終わってしまいそうな予感もしています…w

4人の恋模様

10話ではフェリアが明確にソウゴへの恋心を意識し始めました。

f:id:rakutenpocket2:20151207143159j:plain

「ソウゴと触れるとね…なんだか熱くなって…ここがドキドキするの!」

これをカオンに直接告げさせるスタッフの意地の悪さよ…。

さらに、夜にはロマンからカオンにも告白がありました。やはりというべきか、ロマンは親の関係を抜きにしてもカオンのことが好きだったようです。

f:id:rakutenpocket2:20151207143354j:plain

 

こうして4人の関係は四角関係になってしまったわけなのですが…。この恋の決着は最終回にフェリアがいなくなるのか、それともソウゴ達と共に残るのか、で大きく変わりそうです。いなくなるのであれば有耶無耶に終わって、フェリアが残るのであれば結婚式の回で知った”愛”という言葉でフェリアから告白しそうな予感です。

 

ちなみに、空中に浮かんでいた石ですがフェリアの気持ちと同期して色が変わったりしているようでした。ということはあの石はフェリアの一部なんでしょうか。

この作品の「テーマ」を考えてみる

前回の10話で寄せられたコメントを1つ紹介しておきます。カリンちゃこ(id:ka_rinchaco01)さんです。

ソウゴが優しい人って言っていることと、ドモンのとっている行動のギャップについては、この作品の裏テーマのような気がします。

 

(中略)


フィリアとソウゴの関係性は美しいものだけど、人間社会っていうのは美しいものだけではない。むしろ、権力欲や嫉妬、裏切り、欺瞞。そういうものに満ちているんだという感じじゃないんでしょうか
とはいえ、そこが残念というかフラストレーションたまりまくりですよね。

なるほど…と思わされたコメントでした。確かに、子供向けのような雰囲気を漂わせているものの、中身は死が隣り合わせで上の赤字にした部分が強調されているような気がします。

それでも

・幼馴染と少女と主人公の恋模様

・主人公がロボに乗って戦う

・明確な悪役、悪役同士のいざこざ

と考えると、やっぱりこれは”王道アニメ”ではないかと。とすれば、最終的には奇をてらわずに「勇気や正義はきっと勝つ!」みたいな展開になりそうな気がします。

 

こう理解すると、前回の感想記事(

コメット・ルシファー 10話前に9話の感想と考察を整理!ドモンの早すぎる退場… - アニメのおすすめなどを語るブログ

で僕が書いた

9話でドモンが簡単に瀕死状態に陥ったことに対する批判もあるかもしれませんが、僕はドモンがこういった目にあったのは

 

過去に軍人として戦っていたのに、そこから離れ平穏な生活を送っていたドモンの”優しい心”が招いた必然の結果

ではないかと考えています。

もしくは

 

戦争でもないのに人を殺したドモンへの相応の「報い」

ではないか、と。

と書いた部分も「人を殺す=悪いことは必ず罰せられる」という形で理解できそうです。ここまで書いて普通にフェリアがソウゴの目の前で消滅させられたりしたらいたたまれませんが、ハッピーエンドで終わりそうな予感はしています。

おわりに

というわけで10話の感想でした。ここからが肝心なので、来週を楽しみに待っていたいと思います。やっぱりパン屋のおねーさんは毎回出演させるべき←

 

TVアニメ『コメット・ルシファー』OP主題歌 コメットルシファー ~The Seed and the Sower~(アニメ盤)

TVアニメ『コメット・ルシファー』OP主題歌 コメットルシファー ~The Seed and the Sower~(アニメ盤)

 
TVアニメ『コメット・ルシファー』ED主題歌「おしえてブルースカイ」(コメット・ルシファー盤)

TVアニメ『コメット・ルシファー』ED主題歌「おしえてブルースカイ」(コメット・ルシファー盤)

  • アーティスト: 大橋彩香,畑亜貴,真崎エリカ,藤末樹,酒井拓也(Arte Refact),酒井陽一
  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2015/11/11
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 
TVアニメ『コメット・ルシファー』オリジナルサウンドトラック

TVアニメ『コメット・ルシファー』オリジナルサウンドトラック

 

 

次回第11話は「堕ちた天使」です。

それではこの辺で失礼いたします。

広告を非表示にする