アニメのおすすめなどを語るブログ

アニメの感想記事を中心に書いています!今期は「がっこうぐらし!」と「Charlotte」が主力。基本的にどの記事もコメント大歓迎です!

がっこうぐらし!BD特典ドラマCDの感想。ギャグありシリアス有りの展開!みーくんいじりが豊富。

みなさん、こんにちは。

本日は本当に今更ですが、アニメ「がっこうぐらし!」のBD第1巻に付いてきたドラマCD「夢に砂糖をひとさじ、ふたさじ」を聴いた感想を書いていこうと思います。

笑いありの作品でしたが、最後への持って行き方は”さすが「がっこうぐらし!」だなぁ”と感じました。

ドラマCDの簡単なあらすじ

お話としては、アニメで言うところの6,7話ごろの話です。日常系よりのストーリーになっていました。簡単にストーリーを紹介するとこんな感じ。

 

度々眠るたびに「先輩」やゾンビの夢を見てうなされるくるみ。

そんなくるみを見たゆきは「購買部で快眠グッズを買ってあげよう!」とりーさんに提案します。こうして、ゆきやみーくんはくるみに様々な快眠グッズを買ってあげますが、その効果はいかに…?

 

ちなみに太郎丸もめぐねえもちゃんといます。恐らく、例によってめぐねえはゆきにしか見えていなさそうですが…。

なお、このドラマCDはBD1巻の特典として封入されています。

がっこうぐらし!第1巻 (初回限定版) [Blu-ray]

がっこうぐらし!第1巻 (初回限定版) [Blu-ray]

 

 

ドラマCDを聴いた感想(場面ごと)

上のストーリーからも分かるように基本的にはほっこりするストーリーでした。しかし、最後はそのいい雰囲気で締めないのが「がっこうぐらし!」(笑)

では、場面を簡単に振り返りつつ感想を書いていこうと思います。

役に立たない快眠グッズの数々

彼女らが買ってきた快眠グッズはこんな感じ。

 

①もふもふ羊枕@カウントダウン機能付き

「羊を数えてくれる」機能まで付いていたものの、なぜか羊が10匹の後、本物の羊の鳴き声が鳴り、その後突然羊の数が18匹に…。

さらに、羊カウントを耳元でささやくように行うため、くるみは眠れず。

 

②アロマキャンドル

まさかの「インド人もびっくりのカレー」の香りがするアロマキャンドルでした。他にも「中国人もびっくりチャーハンの匂い」「日本人もびっくり炊き立てご飯の匂い」があったもののすべて却下されてしまいます。

 

③みーくんが選んだ面白い本

「過去の記憶の整理が夢だから」面白い本を読もう、とのことです。しかし、ストーリーは”ベストセラー作家が献身的な女性に監禁される”話。面白すぎてくるみは徹夜してしまったようで失敗です。

 

前半は「がっこうぐらし!」らしいギャグが続きました。

太郎丸が擬人化!?加藤さんの渾身の演技

このCDで一番笑った場面はここです。結局快眠グッズが役に立たなかったくるみに対して、ゆきは夢を食べる動物のバクについてめぐねえと話していました。

バクは当然空想上の生き物ですが…ゆきはくるみに太郎丸と共に寝るよう言います。

 

こうして太郎丸と一緒に寝るくるみ(太郎丸そこを変われ)。

 

この日もくるみは悪夢を見ます。夢の中で登場したのは…

わーはっはっはっ!はーはっはっはっ!
少女の嘆きを聞きつけて!ヒーロー参上!!
とうっ!(とうっ!)

まさかの太郎丸が人間化した「肉球王子」でした。

 

結局「肉球王子」は何もせずにその場を去って行ったわけなんですが…。音声しかないCDでもなぜか情景が脳裏にありありと浮かんでしまいました。さすが加藤さんの演技です。声だけなのに爆笑してしまいました。

 

くるみが聞いた、現実世界での太郎丸の生活部メンバーへの印象は

くるみ「エビフライ」くるみだと思っているらしい。ツインテかじりたい。

ゆき娘のように思っている。

りーさん非常食にされるのではないかと日々恐れている。

みーくん→(無言)

そろそろみーくんは許されてもいい…!それにしてもりーさんww

 

…今ゆるゆりやっているせいで肉球王子の声が、櫻子が調子に乗った声にしか聞こえないww

「生活部」らしいにやにやする展開

結局良い快眠方法を見つけられなかった生活部ですが…

ゆき「だったらさ、こうすればいいんだよ!」

こう言ってくるみに抱き付きます。

ゆき「こうやってぎゅーってして寝るの。こうすればきっと怖い夢なんて見ないよね!」

りーさん、みーくん、太郎丸もくるみに抱き付きます。想像するだけで極楽。

 

ちなみに、みーくんは

「私もささやかながらにお手伝いします。ぎゅーっ」

と言って抱き付いていましたが、”ぎゅーっ”って言う声がめちゃめちゃかわいかったです。これを聴くだけでも1巻を買った価値があったと思います。

 

さらにみーくんネタで言うと

くるみ「りーさん柔らかい。美樹は…うん」

みーく「だからその反応はひどいですよ、先輩!」

だったりと、作中ではあまり見られなかったみーくんいじりがたくさんあったのも印象深いです。

 

結局、その日のくるみは生活部みんなが出る楽しい夢を見れたそうです。

彼女らが背負う宿命ー”生きること”と”楽しいこと”

一番最後はくるみの独白で締められます。

私にとってこの夢こそが日常だ。毎日が辛くて、泣きたくて…でも楽しいんだ。

楽しいから生きている。生きているからずっと楽しい。

こんな毎日だから、きっと先輩の夢もいつか見なくなるのだろう。

それはきっといいことなのだ…。いいこと…なのだろうけど私はちょっとだけ悲しくて…一滴だけ涙をこぼした。

最後の最後で突き落としてきますね…。

結局アニメでは最終話でさも「ハッピーエンド」のように終了しましたが、彼女らにとってめぐねえを失った事実や、太郎丸が死んでしまった事実は変わりません。

そして、それは皆にとって忘れられない記憶になってしまうんだなぁ…と。こう考えると、辛いものがありました。

 

他にもみーくんとりーさんのくるみを気遣う会話なんかもあるんですが、全部明かしてしまうのもあれなのでこの辺にしておこうと思います。

がっこうぐらし!の原作

そして、がっこうぐらし!の7巻が来年の1月12日に発売されるようですね。

がっこうぐらし! (7) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

 

僕も、まだ1巻のみですが、とうとう原作漫画を買い始めました。それに伴い、予告になりますが

1週間に1度のペースで原作各巻の考察記事を書く予定

です。過去に書いたアニメ版の記事の一部はこちらになるので、興味のある方は覗いてみてください。

 

osusumenews.hatenablog.com

 

osusumenews.hatenablog.com

 

osusumenews.hatenablog.com

おわりに

というわけで発売からかなり遅くなっての感想になりました。

ちなみに、原作漫画は相当面白いです!何といっても漫画の最後の「付録」がすごい。

がっこうぐらし! 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

がっこうぐらし! 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

 

 

なお、原作記事については1巻の記事を書くときは「1巻しか読んでいないこと」を前提に書いていこうと思っています。

それでは、この辺で失礼いたします。